2013年10月06日

バルドスカイゼロ 感想などなど

バルドスカイゼロ、クリアしましたー!
恒例によって、クリア後のステータス画面。。

新しい画像.bmp

プレイ時間、34時間ですか。
前のBALDR SKYがDIVE1、DIVE2合わせて78時間でしたから
まあ、まあ、それなりに時間を費やしたことになりますね。

で、プレイしてみた感想ですけど基本的に、
前のBALDR SKYの補足的な内容なので、
専門用語というかゲーム内用語が最初から
バンバンでてきますので初見者は完全にお断りですね。

前作でシナリオのこの点が気になってたんだよなー、
という方にのみお薦めですね…。

というか、前作をプレイしていたわたしでさえ、え?
なにそれ?なにこのひと?彼、彼女とどういう関係??
とかなり疑問符状態でしたので、初めての人はいわんや、
というところですね。
うーん。
そもそもフルプライスで
そういうゲームってありなのかな??、という気もします。

バルドスカイ ゼロ 初回版バルドスカイ ゼロ 初回版
メーカー:ギガ
メーカー:戯画
発売日:2013/09/27
定価:\10,290
価格:\8,00022%OFF)


アマゾンレビュー、やっぱり伸びが良くないですね。。

以下、プレイした人だけがわかる雑感を続きを読む、で。

まずは、さすがに

戦闘は鉄板で面白い。

3Dになったことで、というか、2D時とそんなに
爽快感というか操作性に変化はなかったですね。
もう一枚、クリア時の技選択時のステータス画面を貼っておきます。

新しい画像 (1).bmp

だいたい自分の好みの技が決まりLV.2までいくと
それでだいたい最後までいけちゃう。なので、

完全にフォースポイント、余りまくり。。

最初の画像で7万ポイントくらいあまってるのがわかると思いますが、
これ、ゲームとしてぜんぜん、だめでしょ。。
もうすこし技の数を増やすとか、
もう一段階レベルアップできるとか、要ると思いますね。
難易度は、バッチ1.03を当てると調整ができるように
なりましたけど、わたしは今回は最後までNORMALで行けました。
その点はストレスなく進めたと思います。

そしていろいろと言われてるシナリオ。

わたしはね、言われるほど悪くないと思いますよ。
むしろ考証系ゲームという部類では素晴らしいと思います。
ただ一般的に受け入れられない点として、

当て字(カタカナ用語)オオスギ。

悪役の顔が見えない。

このへんに尽きると思います。
ひとつめはあれとしてもふたつめですね。
結局だれが裏方・悪役だったの?????
中佐?
州政府??
おそらくライターさんはしっかり組織図とか作って
書かれてると思うのですけど、
なんちゃらの組織の裏のなんちゃらのまたその分枝の
なんちゃらの親子の息子のなんちゃらがなんちゃらで・・・
ってフクザツすぎて、ただでさえ斜め読みしてる僕らは
まったくついていけてない。
いや、斜め読みしてるからでしょ、って?(笑)
ただ面白くないからスキップ、という以前に、
理解できなくて、読みずらくて、Ctrlスキップ、
という方が大半じゃないかなあ。
その理解しにくい原因として、文字どおり、
悪役の顔がほとんどなかった点だと思います。

あとは期待していたBGMは前に書いたとおり、
ほとんど前作からの使い回しでしたので
ことさら特筆すべきはないですね。
ただ、こちらで前作の感想で書いたとおり、

「陽だまりの小部屋」は、やっぱり良曲。

ということでした。。

でも基本的に良い作品・シリーズだと思うので、
次回作などにぜひ期待したいですね。
でもこのバルドスカイ系はこれでいったん切って
新シリーズにしたほうがいいと思います。


posted by 子空(しら) at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | game life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。